デリヘルを満喫する為に風俗嬢に嫌われない為のポイント

いくら仕事でもデリヘル嬢に嫌われたら満足できるプレイになるとは限らないだけに風俗嬢に嫌われない為のポイントを考慮してみました。

*

相手の立場で物事を考えれば船橋のデリヘルでもっと楽しめます。

船橋のデリヘルで遊ぶなら最も重要な事。それはデリヘル嬢との距離感に他ならない。
相手はプロ(接客業)だから多少のコミュ障、人見知りは自然にフォローしてくれますが、もしも極端な方ともなればそうもいかないですよね。こうなると船橋のデリヘルは楽しさも半減してしまいます。やはり船橋のデリヘルと言えど一種のコミュニケーションが大事ではないでしょうか。最低限の対人スキル……相手への礼儀は誰に対しても持って挑みたいもの。でも、デリヘルで重要な礼儀って何が大事なんでしょうか。よく風俗マニアの間では「相手となる女性の嫌がる事はしないように」なんてざっくり言われるが、これは「お店の基本ルールや風俗の常識に従って楽しめば問題はありません」と言う事であり具体的には問題行為を提示しようと思っても多種にわたる個人の性癖を考慮して具体的な提示までするのは不可能。だからざっくり注意を促しているワケだ。だけど人によっては面倒で理解して貰えない方がいて何気に難しい。どこまでが常識の範疇なのだかお手本がいないのだからわかりようが無いという人までいるのです。例えば、私は過去このような経験をした事があります。あれは最後は素股で終わる事の多いヘルス的サービスのデリヘルを利用した時の事でしたがプレイの最後にお約束のように素股への流れとなったのですが、私的にはその女性のフェラが非常によかったんですよ。だからフェラ&口内発射をリクエストしたのだが……嫌がられた。勿論、完全拒否されたワケじゃない。だがさっきまでの勢いが無いと言うか、要するにすっごくやる気の無いなフェラになってしまい、結局の所そんなフェラでは射精は無理と悟った私はプレイ終了3分前に自分でシゴいて果てた事もあったんですね。もう超ガッカリ。フェラからの口内発射はシステムの範疇だったし、笑顔でしてくれる女性が殆ど。それなのにあの時の女性はテンションはだだ下がりとなり、結果として楽しかったはずのプレイは苦い経験となった。あれから20年。幾多のデリヘル嬢と遊んできた今ならわかる。フェラをねだりすぎたと思いました。あの時は90分プレイの半分はフェラをお願いしていたんですね。これでは女性は疲れてしまい、たまったものじゃない。やっと素股に移れたと思ってからの再度のフェラリクエストは辛かったのかもしれません。つまり『最低限の礼儀』とはこう言う事なのだ。システムの範疇であっても、気持ち悪がられたり嫌がられたりしたらダメなのだ。今回はこのようなダメポイントをご紹介。先人のダメポイントを学習し、是非楽しい船橋でのデリヘルに活かしていただきたい!

相手の立場で物事を考えるといっても人それぞれなのかもしれませんね。
例えば船橋のデリヘル嬢だって高収益を目指してアルバイトをしているというスタンスですが、客はあわよくば本番行為までと下心で駆け引きを楽しみます。1日に何人も何回もその駆け引きは行われて気分的にはかなり疲れるし面倒だけど、これも収益の為とストレスを溜めているのに笑顔で接客という事になっていておかしくありませんよね。デリヘルには下心で通っている客からすれば交渉や駆け引きは少なからず誰でもやりますが、極端な言葉や駆け引きは結果として見込めないというのを判っていれば、その方法も変わってくるのではないでしょうか。極論で言えば、嫌われない客には絶対なりますよね(笑
折角気に入った女性がいても、NGやブラックリストにされていたら次回の予約はいつもいっぱいと断られてしまいますので、これでは本末転倒とも言えるのではないでしょうか。
私の場合ならば、まずは雰囲気の良さそうな好みの女の子を下調べとして船橋のデリヘルで働く女の子がたくさん掲載されているサイトで見つけておいてから電話予約をします。
デリヘル店からすれば人気のある美人さんは出勤すれば確実に利益になりますが、本指名がつかない女性はフリー要員としているだけに指名料は絶対ケチりません。そして時間的にも余裕をもってデリヘルに電話します。人気があれば予約が多くて当たり前なので『今すぐ案内可能』というのは正直ある訳がないと解釈しているんです。『慌てる乞食は貰いが少ない』と言われる様に、自分の都合で今の気分を優先し過ぎると確実に『暇な不細工嬢』が案内されてしまうというわけなんですね。
好みの人気嬢と出会えれば時間的に待っても満足度がかなり違います、どうせ高額な出費をするならば納得した女性とお相手願いたいって誰もが思うはずなのですが、自分の都合時間や予算削減が最優先にしてしまうとハズレが待っているという事に気付かない人が多いからある意味ありがたいかもですね(笑

公開日:
最終更新日:2016/05/30